« 2017年8月 | トップページ | 2018年2月 »

2017年12月に作成された記事

***2017年12月の近況***

今年も残りわずかとなり、毎年のことですが気持ちだけ焦ってきました。
いつも年賀状を作るのにドタバタし、大掃除もおせち作りも結局適当になってしまうのですが、今年はさらに寒さという追い打ちが…

マンションに住んでいたころは、暖房をつけなくても室温が16-18℃はキープできていましたが、一戸建てになったら朝は部屋によって10℃以下になるし、南向きの部屋も12-16℃くらい。
おまけに家族が、換気をしようと窓を全開にするので温まる暇がない…。
そんなこんなで、秋の終わりごろから常に風邪をひいているような体調不良の状態が続いています。
家の中でコートを着ていることも…。暖房はつけてもあまり変わらないし、光熱費が怖いし。
ということで、新居で迎える初めての冬は寒さとの戦いになりそうです。

昔の家に比べたら、今の家は断熱材がはいっているし、窓はペアガラスだし、暖かいはずなんですが、窓の数がマンション時代の4枚から21枚に増えたこともあり、冷気をシャットアウトするのが大変です。
それとも、ここに住んでいるうちに寒さに慣れていくのかなぁ。
今は少しでも体調を回復し、年末年始に向けて元気に活動したいです。

| | コメント (0)

***2017年10-11月の近況***

生活が少し落ち着いてきたのを機に、前からやりたかった習い事を始めました。
ティンホイッスルという楽器で、リコーダーのような笛ですが、れっきとしたアイルランドの民族楽器です。
映画『タイタニック』の有名なテーマ曲で、出だしに使われているメロディがティンホイッスルによるものです。

もう10年くらい前、たまたま見ていたドラマのBGMに流れた笛の音色が素敵で、
その時はティンホイッスルという楽器を知らず、色々調べてやっと正体がわかってから
自分でも吹いてみたいとずっと思っていました。

幸い、電車で10分ほどの所にあるカルチャーセンターでティンホイッスルを教えていることがわかっていたので、満を持して入会しました。
楽器自体は1500円ほどで変えるので、他の楽器に比べると敷居が低いです。
それにリコーダーよりシンプルな楽器で、出せる音の種類も少ないのです。
ところが簡単かと思っていたら、奥が深い!
メロディをそのまま吹くのではなく、アイルランド風に装飾を色々つけるのですが、
これが難しいし、上手な人の演奏を見ると指使いが早くて魔法のよう。
早くあんな風に吹けるといいなぁと思いながら、家でピーピー騒音を立てて練習しています。

またカルチャーセンターに行ったことで、クリスマスのミニコンサートへの出演や、アイリッシュパブへのデビュー、3月の聖パトリックデーのパレード(表参道)にも希望者は出られるようで、一気に世界が広がり生活に刺激が出てきました。

今までアイルランドのことはあまり知らず、イギリスやオーストリア好きだった私ですが、
これからはアイルランド色に染まっていきそうです。

| | コメント (0)

***2017年8-9月の近況***

近況報告を書くのを、すっかり怠ってしまいました。

新居に引っ越して初めての夏は、公園に隣接して周りに木々もあるから涼しいかと期待しましたが、猛暑の時期の昼間はやはり暑かったです。
でも、朝晩はしっかり気温が下がったのは、ずっと温度が下がらなかったマンションとは違うところ。

しかし公園ではセミが大量に発生。夜中まで鳴くセミの鳴き声でよく眠れず。
洗濯ものにもセミが止まって、気づかないでいると家に入ってしまうし。
やぶ蚊も多く、庭に出るたびに、あっという間に十数か所も蚊にさされ、
ひと夏で、防虫スプレーを何個を消費しましたが、あまり効果なかったようです。
小さい虫が大発生して家に入ることもあり、虫との共存を余儀なくされる夏でした。
まぁそれでも、環境がいいからいいかーと思っちゃうのでした。

その小さな庭にも、好きな草木をどんどん植えていったので収拾がつかない状態に。
水まきする水道代もバカにならないことに気づきました。
育てた中で凄かったのはアサガオ。2メートルほどの高さに押さえるはずが、ネットを張ったらあっという間に2階よりさらに上に伸び、大量の花を毎日咲かせました。
(このアサガオはなんと12月まで咲いていました!)
それから、引っ越してきたときに30センチほどの高さだったナンキンハゼがひと夏で2メートル以上になってしまい、その勢いにオドロキ!
地植えにすると巨大になるとのことで、なんとか鉢植えのままにしています。
庭はまだ実験状態で、これからどんな風に変わっていくか、変えていくか楽しみです。

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2018年2月 »