« 久々に出会えたキムチ | トップページ | ***2016年12月の近況*** »

***2016年10・11月の近況***

近況報告をすっかりサボってしまいました。

振り返っても自分では特になにか変わったことがあるわけではないのですが、
秋は毎年フィギュアスケート観戦を楽しんでいます。
10月から12月にかけて7つの試合があるグランプリシリーズは毎年楽しみ!

以前は女子が注目されていましたが、最近は男子、特に羽生結弦選手が注目され、
彼の出る試合はテレビの放送枠も拡大されていますね。
彼がシニアデビューする前から見ていますが、こんなに大物になるとは思いませんでした。
女子も、浅田選手ばかりが注目されていましたが、シャイな宮原選手が日本女子の中で唯一ロシア選手と戦える実力をキープしているのは凄いことだと思います。

いつも見ていて思うのは、開催地(国)によって会場の雰囲気や応援が違うこと。
国によって、自国の選手ばかり応援するところと、国籍に関係なくいい演技に惜しみない賞賛を送るところがあります。
日本は後者です。というか、日本はびっくりするほど、いろんな国旗をそろえて、
国ではなく選手個人を心から応援しています。
いい演技をすれば、自国の選手より点数が上かどうかに関係なく大きな拍手をしますし。
これには毎回、外国の選手も喜んでいるのではないかと思います。
今回も、選手が何度も観客席に「ありがとう」を伝えているシーンを見かけました。
また日本での試合に出たい、と希望する選手も多いようです。
こういう、どの選手も応援する姿勢が日本にできたことは素晴らしいと思います。

私自身、2年前の世界選手権をさいたまで見たのですが、その時はソチオリンピックの直後でした。
オリンピックでは、地元ロシアの選手が出てくると大盛り上がりするのは仕方ないですが
他の国の選手には、いい演技をしてもさほど歓声や拍手がなかったのです。
しかしその欲付きの世界選手権では、国籍に関係なく、すばらしい演技にはものすごい拍手やスタンディングオベーションが送られましたし、
今まで不調だった選手がいい演技をすれば一緒になってお客さんも喜んだし、
選手の気持ちと観客が一体化している、すばらしい空間になっていました。

こういう応援をこれからのオリンピックでもしていけたらいいなぁと思います。

|

« 久々に出会えたキムチ | トップページ | ***2016年12月の近況*** »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々に出会えたキムチ | トップページ | ***2016年12月の近況*** »