« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月に作成された記事

***2016年8月の近況***

お盆を前に風邪をひきました。
声が枯れてガラガラしているし、激しい咳が止まりません。

いつもだと普通に生活しているうちに、数日で治ってしまうはずなのですが、1週間すぎても喉の痛みが取れないし、毎晩咳き込んで眠れないほどの酷さ。
なんと1分おきに激しい咳の発作に襲われるので、家族とは別の場所で寝ました。
風邪薬も全然効かないし、自然治癒力に任せておいても辛いだけだしと思って、耳鼻咽喉科に行くことにしました。

ところが!歩いていけそうな近所の耳鼻咽喉科は全部お盆休みで休診中!
探した5件はそろって全滅。
この辛さで2,3日待つのは辛いので、唯一見つかった隣駅の耳鼻咽喉科に行くかどうかで迷いました。
ここはオンライン予約ができるそうなのですが、「ただいまの待ち時間64分」なんていう表示を見て怖気づいてしまいました。
それでなくても辛いのに、炎天下で遠くまで行く体力と、さらに1時間も待つ気力があるかどうか…

とりあえず行ってみたら、なんと着いて25分後には診察が終わってしまいました。
どうやら喉の炎症が声帯にまで広がっていたようです。
ということで「声を出さないように」と言われました。
囁くのも声帯を使うそうで…
薬も何種類も貰って、とりあえず一安心。
咳がだいぶ収まりましたし、苦しさも激減しました。

あとは修行僧のようにダンマリで生活をしています。
これはちょっと面白いかもしれません。
普通は話を適当に聞き流すだけの家族も、
私が何かうったえようとしているのを懸命に聞き取ろうとしてくれました。
でも、声が戻ったら、またホイホイ喧嘩しちゃうんだろうなぁ。

| | コメント (0)

***2016年7月の近況***

3月から注文住宅を建てる計画を進めてきましたが、
7月後半になって、大転換!

注文住宅から建売住宅を買うことに変えてしまいました。

というのも、この辺に住みたいという場所では、
土地がなかなか出てこないし、出てきても条件が合わないものばかり。
特に、坪単価100-200万という世界では、庭のある家なんて我が家には無理…
予算に合うような土地を探すと、20坪台の狭小な土地や、
崖のような場所、北斜面の場所、などなど条件が悪いものばかり。
広さを確保しようとすると、ずーっと奥地の知らない町に行かねばなりません。
この歳になって生活圏を変えるのはキツイし、近所に住む両親のそばから離れるのも不安だし。

そんなある日ふと建売物件のチラシを見たら、この近くにいくつも物件があることがわかってビックリ。
建売だったら、お値段もなんとか手が出そうだし、
なにしろ物件の数が多いし、近くにもある!

試しにいくつか見てみたら、前からいいなぁと思っていた場所に、意外にもよい間取りの物件があることを知り、
「これだっ!」とほぼ即決してしまいました。
そこは、以前土地で売りに出ていた場所なのですが、
土地を買って注文で建てようとすると予算をはるかにオーバーしてしまうので諦めていました。
ところが建売住宅として出ると、不思議なことにギリギリですが、手が届くのです。

自分の夢だった、白い格子のある上げ下げ窓、出窓、天窓などなど、クラシックな洋館といった外観はあきらめなくてはなりませんが、その代わりに、今より緑が多くて落ち着く場所、両親の家にも近い場所に、小さいながら家が建てられるのです。

まだ契約はしていないのですが、そんなこんなで、注文住宅はやめて、建売住宅を買っていかに自分達が住みやすいよう工夫しようか、という方向になっています。
注文住宅では、土地が見つからなくて絶望的になっていただけに、建売では意外にもいい場所にいい物件が見つかってびっくりです。
なんだかまだ不思議な感じでいます。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »