« やせてひよわな女性? | トップページ | 骨髄移植推進財団との接触 »

史上初の同着!

昨日(2010年5月23日)の競馬には興奮しました。

オークス(3歳牝馬のグレードの一番高いレースの一つ、牡馬にとってのダービーのようなもの)で、2頭の馬が同時にゴールしたのです。
何がすごいことかというと、競馬の世界では、1着の馬を決めるのに写真判定を行っていて、見た目には「同時にゴールしたのでは?」と思える場合でも、センチ単位で勝敗をはっきりさせてきたからです。
たとえ1センチの差でも、勝ち負けがはっきりと決まる世界なのです。

今回もほぼ同時には見えましたが、「内側の馬の方が勢いがあったんじゃないかな」などと、
思っていました。
しかし、長い判定時間の後、電光掲示板に出た文字は「同着」
びっくりしました~。かれこれ四半世紀競馬を見てきましたが、同着なんて見たのは初めて。
少なくとも、日本中央競馬会のG1レース(もっともグレードの高いレース。ダービー、天皇賞、有馬記念など)では初めての出来事だそうです。
後でJRAが出しているゴールの写真を見ましたが、確かに同時だ…

http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/g1/oaks/result/oaks2010.html

いやはや、凄いものを見せてもらいました(テレビ観戦だけど)。

こんなことはシステム上、ちゃんと予測していたのか心配でしたが、
ちゃんと掲示板に「同着」の文字も出せたし、配当金も計算されていました。
でも、表彰式の方にはこの場合の用意がなかったようで、
騎手を一人一人、二回にわたって表彰していました。
商品も一度回収して渡したのかな?

|

« やせてひよわな女性? | トップページ | 骨髄移植推進財団との接触 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やせてひよわな女性? | トップページ | 骨髄移植推進財団との接触 »