« とっ、とくべつしんさいん!? | トップページ | 桜の栞 »

どんぐりの夢

昨年秋、横浜の山下公園を散歩していたら、足元にボトッと何かが落ちてきました。
見てみると、親指くらいもある大きな細長いドングリ。
何という木か札がなくてわかりませんでしたが、周りの木から見てシイの仲間のようです。
「落ちたて」が嬉しくて記念に持ち帰り、家で育ててみようと思いましたbud

年が明け、そろそろどんぐりを蒔く時期かな、と調べてみたところ、
衝撃の事実が次々と判明しました。

●冬の寒さを経験しないと芽が出ない→12月までには外に蒔かないとならないのに、今は2月sad

●乾燥してしまったどんぐりは芽が出ない→部屋の中に置きっぱなしで乾燥中wobbly

●水につけて浮かんだどんぐりは駄目→しっかり浮きましたcrying

ということで、我が家のどんぐりは絶望的に芽が出ないことになりました。
こんことと分かっていたら、もっと沢山拾ってくるのだった~。
春蒔きの草花と同じように、のんびり構えていたのも甘かったです。
仕方が無いので、夢は来年へ託すことにし、今年の秋は心してどんぐりを集めたいと思いますmaple

それにしても、見た目は立派などんぐりなのになぁ。残念だなぁ。

|

« とっ、とくべつしんさいん!? | トップページ | 桜の栞 »

今日の発見」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよ、どんぐり(栗もそうですが)
取り蒔きが原則です。
落ちて、落葉に埋もれて、先に根が出て、
それから芽が。

投稿: KAZU | 2010年2月 2日 (火) 19時00分

KAZUさん、こんにちは。

やはり自然のものですから、自然と同じ状態にしておかないとならなかったんですね。
知っている人には常識的なことなのでしょうが、
考えが甘かったです。
今度どんぐりを拾う時は、落ち葉も一緒に拾ってこようっと。

それとも落ち葉の中を探して、芽が出たどんぐりがないか見つけてみようかな。

投稿: しぶや | 2010年2月 2日 (火) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とっ、とくべつしんさいん!? | トップページ | 桜の栞 »