« ラスト・グインサーガ | トップページ | とっ、とくべつしんさいん!? »

記録的な落馬数!

今日(2010年1月11日)、日本中央競馬会のレース中、一度に9頭の馬から騎手が落馬するという事件がありました。
9頭という数は、史上最高の数だそうです。

事件が起きたのは、千葉県の中山競馬場
ここでの4レース目、16頭の馬が最後のカーブにかかろうとした時でした。
先頭を走っていた馬がラチ(内側の柵)にぶつかった反動で、反対側に動き、
ぶつかられた隣の馬が転倒、その後に続いていた馬も避けきれず、
次々に転倒したり、騎手が吹き飛ばされたり…。
映像や写真で見るとすさまじいです。
http://www.sanspo.com/keiba/news/100111/kba1001111324012-n2.htm

ただ、すさまじかった割に被害は少なく、馬は全て無事confident
騎手は1人が骨折、4人が打撲や捻挫などの軽症、残りは異状なしとのこと。
フルスピードで走って、馬が固まって転がるという場にいながら、さすがと思ってしまいました。

1着の馬は失格となったそうです。騎手は4日間の騎乗停止処分。
(騎手は、武豊以上の天才と歌われる三浦皇成だったので、ちょっとびっくり)
しかし、大事になっていたら4日じゃとても済まなかったと思います。
残った5頭の馬で着順が決まったそうです。

いやぁ~、びっくりした!coldsweats02

|

« ラスト・グインサーガ | トップページ | とっ、とくべつしんさいん!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

よくもまあ、この程度の被害で済んだものですね。
人が馬の下敷きになっただけで確実に骨折でしょ。
馬が全部無事だったというのもよかったです。

投稿: KAZU | 2010年1月12日 (火) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラスト・グインサーガ | トップページ | とっ、とくべつしんさいん!? »