« ブルーベリーにてんてこまい | トップページ | 400分の1の奇跡 »

皆既日食を観に行きます!

来週、皆既日食を観に、トカラ列島の沖まで行く船に乗ります。船

と、簡単に書いてしまいましたが、ここまでの道のりは長かったです。
1988年に小笠原沖で見られた皆既日食を、船で見るツアーがあって、
その時の船長さんから成功談を聞いていたこともあり、「次の皆既日食は船から観たい!」と 、何年も前から思っていました。

そこで、今回の皆既日食の1年以上前から、自分が世話になったことのある船会社に
皆既日食クルーズの要望と問い合わせを出しました。
どの会社も「前向きに検討します。2009年7月の予定が出るのは2008年の秋になります」
と言っていたのに、フタをあけたら全船が天文台や旅行社にチャーターされてしまいました。
チャーターになってしまうと、船会社からは何の連絡も情報も来ないんですよね。
チャーター元の会社のお得意さんとか、関係者だけにしか知らされなくて。

某船は、2008年の秋どころか、2008年の春には既に一部の人にのみ募集の知らせがあったようで 、一般申込みが始まった時点で既に満杯になっていたというありさま。

別の船は、一般募集はしたものの、待遇が悪い割に一般クルーズの10倍近い料金を設定する、というとんでもないクルーズ。

さらに別の船は、抽選制で一般募集したものの、やろうと思えば当選確率を上げるズルイ方法ができてしまう、というシステムで、普通に応募したらやっぱりハズレました。

他にも、公表されていない特別枠とか、法人枠とか、とにかく一般人の入る隙間がないクルーズばかり。
日食に人が殺到することを考えて制限したのかもしれないけれど、やり方が納得できず、
何度もガッカリさせられました。
そんなツアーばかりなのに、どれもキャンセル待ちの長い列。泣き顔

諦めかけていた今年の春になって、ようやく一般人が普通に申し込めるツアーを発見。
発見というか、早い段階で情報を貰うことができたので、早い者勝ちで取ることができました。
大阪から鹿児島に行くフェリーを利用して、普通のお客さんを鹿児島で下ろした後、
一気に南下して皆既帯へ行き、皆既日食を見てからまた鹿児島経由で大阪に戻るという
駆け足の2泊3日クルーズです。
日数も料金も、他のツアーに比べて手ごろで内容もよかったので、待っていた甲斐がありました。

ということで、来週ついに皆既日食ツアーへ行くことになりました。
どこかの島に上陸するわけではなく、船のデッキから空を見上げます。
トカラ列島沖には、他にもこういった船が大集合するはずで、
危険防止のために、海上保安庁の船も沢山出てくるとか。
思わぬところで、いろんな船が見られるのも楽しみ。

あとはお天気次第ですが、初めての皆既日食、堪能できればと思います。晴れ
本格的な撮影機材は無いので、写真が撮れるかわかりませんが、
うまく観られたらご報告したいと思います。
もし雲ってしまったら、2035年9月2日に関東でも見られるという皆既日食まで
なんとか元気で生き延びたいと思います。

ちなみに、日本全国で部分日食が見られます。
部分日食だって、木漏れ日がみんな三日月型になっていて感動ものだと思います。
天気予報によると、曇りになりそうな微妙な感じなんですが、
なんとか昼間だけは晴れて欲しいものです。

|

« ブルーベリーにてんてこまい | トップページ | 400分の1の奇跡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

お~すごいですね。
皆既日食は天文愛好者の間では一度見ると
「日食病」にかかると言われており、
もう三度以上行っているひとも知人にはいます。
僕はまだ一度もありませんが。

太陽を拡大撮影してコロナを写すとなると
やはり器材が必用ですが、普通のカメラレンズで
望遠でも2秒くらいで写るはずですので、
三脚があればと思います。ただ船の上でどれくらい
安定しているかですけどね。

僕は前回の部分日食と同じく、会社を抜け出して、
ちょっと撮影してみたいと思います。
http://yellow.ap.teacup.com/kotonoha/278.html

投稿: KAZU | 2009年7月18日 (土) 17時38分

KAZUさん、早速のお返事ありがとうございます。

私も皆既日食を見るのはこれが初めてなのです。
どんな雰囲気なのかワクワクします。

船のデッキの上は大勢の人が三脚を並べると狭くなりそうなので、今回は一脚を使うことにしました。
すごい機材もなくて、10倍ズームのデジカメだけを持っていきますが、なんとか皆既らしい写真が撮れるといいなぁと思います。

KAZUさんも、部分日食をお楽しみくださいね。

でも、週間天気予報によると、日本全国、曇りや雨の予想が…ずれてくれるといいのですが。

投稿: しぶや | 2009年7月18日 (土) 21時55分

すてらさん、こんにちは、またご無沙汰してしまいました。
前回は、1988年ですか、日食観測クルーズは、2代目にっぽん丸
で行われた記憶があります。
今回の大阪発鹿児島行きフェリーというのは、大島運輸(Aラインフェリー)でしょうか?

投稿: SHIP7 | 2009年7月20日 (月) 18時57分

SHIP7さん、こんにちは。
こちらこそご無沙汰しております。

仰るとおり、前のにっぽん丸で行われたそうですね。
他にも3隻の船が小笠原沖で成功したとか。
今回も、小笠原(硫黄島沖)では成功したようでうらやましいです。

報告が遅くなりましたが、私が行ったトカラ列島の方は雲から抜け出せず、太陽の姿は見えませんでした。
それでも、皆既の時間になると一気にあたりが夜のように暗くなり、水平線部分だけオレンジ色になる、という不思議な世界になりました。

皆既時間がすぎても諦めきれずにデッキにいたら、ほんの一瞬だけ雲が切れて、部分日食もチラリと見ることができました。

>今回の大阪発鹿児島行きフェリーというのは、大島運輸(Aラインフェリー)でしょうか?

いいえ、今回はダイヤモンドフェリーの「さんふらわあきりしま」に乗船しました。
船体に描かれたオレンジ色の太陽のように、お日様に出会いたかったです。

昼間は雲っていたのに夕方から晴れ、夜は稀に見るほどの素晴らしい星空が見えた、というのはせめてもの慰め?でした。

投稿: しぶや | 2009年7月23日 (木) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルーベリーにてんてこまい | トップページ | 400分の1の奇跡 »