« ひとごとではない中国産食品事件 | トップページ | 今年続いたこと・続かなかったこと »

スズメの寿命って短い…

新聞で見たのですが、スズメの平均寿命は1年ほどだそうです。

そんなに短いと思っていなかったので、結構ショックでした。
『理科年表』には、記録された最長寿命として10年という数値が載っていたので
せめてその半分くらいの長さは自然界でも生き延びるのだと思っていました。

私はマンションの谷間に住んでいますが、野鳥(ほとんどスズメ)に餌やりをしています。
といっても近所迷惑にならない程度に…
そこで窓越しにスズメの観察をしているのですが、彼らはなかなかに賢くて、
私が雨の日だけ餌を出すようにしていたらそれを覚え、
雨が降り始めると集まって来てピーピーと餌を催促するようになりました。
おかげで私は、雨音が聞こえなくてもスズメの鳴き声で雨が降ってきたのがわかり
洗濯物をとりこむタイミングもずれず、一石二鳥。
ここで注目したいのは、「雨が降ってきたら餌が出る」という法則を、
代々のスズメたちが口コミで後輩に教えている、ということです。
寿命が本当に1年だとしたら、スズメたちは1年の間にこのルールを教え込まれ
次の世代に伝えていくという、見事な情報伝達をしていることになります。

ちなみに、本当に寿命が1年なのか気になってインターネットで検索したところ
自宅で飼った場合は5年10年と長生きする、という情報が多数見つかりました。
長生きするのはいいのですが、野鳥をつかまえてきて飼うのは法律違反なのでは?

飛べない・傷ついた鳥を保護する精神はすばらしいのですが、
捕まえるのも飼うのにも、都道府県の許可が要ります。
これに違反すると、1年以下の懲役か100万円以下の罰金という罰則もあるのです。
私は数年前、バードウォッチング検定を受検するとき、こういった法律関係も勉強したのですが、
一般の人は、こういう規則をほとんど知らないのではないか?と心配になりました。
野鳥に詳しい人だけでなく、もっと一般に普及するようにしていかないと。
あまりにも多くの人が自分の判断だけで野鳥を飼っているようで、中には上記のようにインターネットで堂々と公開している人もいて、いいのか悪いのか、なんだか複雑な気分です。

野鳥を保護するときは必ず行政の担当部署(どこだろう?)や公共の救護施設に連絡してください、とのことですが、それがどこなのかよくわからないですね。
・保護する時は連絡が必要
・その連絡先、方法

がもっとはっきりすれば混乱はないと思うのですが、人間が生きるのも大変な時代、そんな動きは見られないように思います。

とりあえず、これからも野鳥を陰から応援していきたいと思います。

|

« ひとごとではない中国産食品事件 | トップページ | 今年続いたこと・続かなかったこと »

今日の発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとごとではない中国産食品事件 | トップページ | 今年続いたこと・続かなかったこと »