« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月に作成された記事

食費節約のウソ?

しばらくブログをお休みしてしまいました。
話題もあったのですが、なんとなく暑くてバテて、パソコンから縁遠くなっていました。
涼しくなってきたのでやっと復活?しようかな。

さて、最近の物価高の中、節約ワザを扱う書籍が増えてきたように感じます。
特に注目したいのが、女性雑誌を中心に出現している「食費節約の方法」。
家計の中で努力すれば減らせる可能性が最も大なのが食費。
我が家もなんとか節約しなければと思っていたので、そんな雑誌を覗いてみました。

書かれているのは、育ち盛りの子や大食漢の夫を持った主婦が
月1~2万円の食費でやりくりしているという内容。
具体的に、週に何回買い物に行って何を買ったか、それを使ってどんなおかずを作ったかまで書かれていて説得力がありそう。
1週間の食費にかけるのは数千円。4倍しても1万円代。これはすごいかも。

でも待ってください。
よーく考えてみると、そこに載っていない食品があることに気づきます。
紹介されているのは夕食の献立のみ。朝食の材料は?昼食は?
それにお米代が入っていません。
二人暮しで朝はパン食の我が家だって月に5キロの米を消費しているのですから
ここに書かれているモデル家庭では10-15キロは食べていると仮定。
そうすると、米代だけで月に5-6千円になるはず。

他に書かれていないのが、味噌・醤油・マヨネーズ・ドレッシングなどの調味料
そんなに頻繁に買わなくても月に1度は何か買うはず。

さらに飲み物が一切出てこないのが変。
いくら節約生活とはいえ、喉が渇いても水道水だけってことはないでしょう。夏の季節ならなおのこと、飲み物が欲しくなります。お茶・コーヒー・ジュースなどなど、何かしら買って飲んでいるはず。
モデルケースの買い物リストに牛乳や卵が見えなかったのも残念。

ということで、私の結論は、これらの節約した食費というのは事実ではない、ということ。
こんな記事に踊らされて、自分の家の食費がもっとかかることを嘆いていると
ストレスを溜めそうなので、あまり真剣に見ないことにしました。
こんな雑誌を買うと、それだけで節約の逆行になってしまいますしね。

かつて、家の中をなんとか片付けたくて、捨てる技術収納テクニックが書かれた本を沢山買い込み、余計に家を散らかしてしまった私の、ささやかな学習効果です。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »