« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年7月に作成された記事

あれから1年

昨日、JAFの会員誌「JAM MATE」8/9月号が届きました。
今回の特集は「富山県」。
実は7月はじめに富山県(宇奈月、立山、黒部方面)に行ってきたばかりなので、
なんだか懐かしく、嬉しく読みました。

富山県は今まで縁のない遠い場所だったのですが、黒部ダム立山などずっと見たいと思っており、昨年思い切って出かけたのですが、生憎の雨で殆ど景色が見えませんでした。
今年はリベンジということで、去年雨に降られた場所を集中的に周りました。
おかげで今年は、雪の残る山並みや草原を楽しむことができました。
帰ってきた後に自分が行った場所を冊子で見ると、感慨深いものがあります。

富山には、新幹線で長岡まで行き、そこから北陸自動車道で入ったのですが、
昨年の新潟県中越沖地震の傷痕がまだ残っていて、高速道路に段差ができてしまい、
2車線のうち1車線が工事中というところがかなりありました。
実際に目の前で復旧工事をしているのを見て、1年たっても大変なんだなぁと、思いました。
あれから各地で地震やら色々なニュースが起き、ここで地震があったことも、もう過去の出来事のように思っていました。
明日7月16日は、新潟県中越沖地震からちょうど1年にあたります。

もう一つ、1年前を思い出させるニュースがありました。
今年の富山旅行中の7月5日、富山県から愛知県までを南北に結ぶ東海北陸自動車道が全線開通しました。
今まで、飛騨清見IC~白川郷ICの間25kmが飛騨トンネルの工事が難航して開通が延期されていたそうなのですが、無事に開通にこぎつけたようです。

実は昨年、富山から白川郷を見て郡上八幡に向かう時に、この道路を通ったのですが、
まだできていない部分は、国道156号線を通りました。
国道は御母衣(みぼろ)ダム沿いに走っていて、日本初というロックフィルダム(岩石などを積み上げて造られるダム)や、
ダムに埋もれる前に底の村から移植された荘川桜cherryblossomを見ることができました。
その点では国道を通れて良かったと思います。
もし今年行っていたら、高速を通ってしまって、ダムや桜を見る機会は一生なかったかもしれません。

ということで、最近富山づいている我が家でした。
ちなみに、我が家で食べているお米は、富山県産のこしひかりです。P7056823_5

(写真は黒部ダムです)

| | コメント (0)

落書き事件~日本人の上を行くのは

イタリア・フィレンツェの大聖堂に日本人が落書きをしたという事件がエスカレート。
落書きされた場所はそこだけじゃないし、処罰された人の何倍もの日本人が
世界中に落書きしていると思いますが、
一つがニュースになると、そこばかり注目されてしまって違和感を感じます。
ニュースにするなら、徹底的に世界中の日本人の落書きを調査するべきでは、と。

それはそうと、フジTVの報道番組で、日本人以外の落書きも沢山あることを取り上げていました。
例の場所で、落書きの数を言語別に数えた結果を発表していました。
280個程の落書きのうち、韓国語の落書きがトップで108個、次が日本語、次がイタリア語、英語と続きます、と。
訪れた観光客の割合によるのかもしれませんが、これによると日本人より韓国人の方が落書きしていることになります。

それで思い出すのが、韓国のドラマ「スマイル・アゲイン」(2006年SBS制作)。
この中で、主人公がスイスのルツェルンにあるカペル橋を訪れた際、
記念に油性ペンで欄干に落書きをしてくる、という場面がありました。
このカペル橋は14世紀に造られた世界最古の木造の橋で、もちろん世界遺産です。
そこにためらうことなく、当たり前のように落書きしちゃうって、どういう神経???
と、ドラマを見たときにびっくりしました。
韓国人にとって落書きはこのように日常的で許されることなんでしょうか?
だとしても、TVで放送することには問題があると思うんですが…
日本のドラマでこんなことがあったら、放送直後から抗議の電話やメールが殺到すると思うんですけどね。

なので、落書きに関して、お国柄というか文化の違いがあるのかなーと思った次第です。
日本人は「よその人がしているならやってもいい」と思いがちな国民かもしれませんが、
よその人と関係なく、モノを大切にする・伝統や文化を重んじる・マナーを守るという国民性の方を優先して欲しいと思います。

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »