« 初めての体験~箱根駅伝2 | トップページ | パスネットとお別れ »

賞味期間が長~いパン

1月2日に箱根駅伝往路の見物に行った時、現地でパンを配っているおじさんがいました。
よくわからないけれどタダで貰えるなら、と手を出して貰ってきました。

手にしたのは、「小倉小町」と名づけられたあんぱん。
日本のあんぱんでなく、パネトーネ生地にあんが入っているようです。
びっくりしたのは印字されていた賞味期限。「2008年1月25日」。
今から3週間後です。

普通、パンの賞味期限は売られる時点からせいぜい2~3日後。
それがこんなに長いとは・・・ちょっと怪しいなぁと思いました。
メーカーは「コモ」という聞いたことのない会社だし、工場は愛知にあるようだし。
でも食べてみたら、生地にコクがあってとても美味しかったのでした。

数日後、横浜大桟橋の売店に立ち寄ってみたら、なんとこの「コモ」パンが
何種類も置いてありました。
あんぱん、栗あんぱん、クリームパン、いちごパン、デニッシュペストリー。
ちゃんとした場所で市販されているパンだったんだ、と少し安心。
2種類ほど買って帰りました。お値段は1つ\150
スーパーなどで買うパンよりちょっと高めかな。

今度買ったパンも、賞味期限は1月末となっています。
よくよくパッケージを見たら、「パネトーネ種」を使っているので長期間保存ができる、
保存料無使用、などと書かれています。
おいしい上に、体に優しい。そして保存期間も長い。これはすごいかも!

サイトで見てみたら、ちゃんとありました。コモのパン。

http://www.como.co.jp/about/02/kap0/kaisya4.html

あまりの凄さに疑ってしまってすみませんでした > コモ様

また見つけたら食べてみようっと。

|

« 初めての体験~箱根駅伝2 | トップページ | パスネットとお別れ »

今日の発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めての体験~箱根駅伝2 | トップページ | パスネットとお別れ »