« 吉野家がなくなった | トップページ | てくてくスタート! »

女性が万歩計を買うとき

先日、万歩計を買いました。
歩数をカウントするだけでなく、歩数が増えるに従いキャラクターが育っていくゲーム式のタイプです。
友人が持っているのを見て興味が沸き、溜まっていたデパートの買い物券を使って自分へプレゼントするのにちょうどいいと思ったのです。
運動不足を楽しく解消できるのでは、という期待もありました。

万歩計が売られていたのは、健康器具売り場でなく、おもちゃ売り場。
説明書の漢字にふりがなが振られているくらいですから、子供用なのかな?

ピンクとブルーがあったので、ピンクの方を持ってレジに向かうと...
「包装とリボンはどの種類になさいますか?クリスマスバージョンもございます」
と店員さんに聞かれました。
自分用なのでプレゼント包装しないつもりでいたのですが、ニコニコと言われると
綺麗に包装してもらおう、という気になりました。プレゼントを貰う機会もないし。

家に帰ってさっそく万歩計の設定をし、ジェル状のキャラクターが画面ではずんでいるのを見ていると、夫が興味津々となり自分も欲しいと言い出しました。

そこで2日後、再び同じデパートの同じ売り場に出かけました。
今度はブルーのを選んでレジに向かいます。
どうせプレゼント包装してくれるだろうと思って黙っていたら、先日と違う店員さんが、
「ご自宅用ですか?」と聞いてきました。
びっくり~!

ピンクのを持っていくとプレゼント用だと信じ込まれ、
ブルーのを持っていくと自宅用だと思われちゃうようです。

きっとブルーだから男性用。メタボ予防のため夫へあげる、と思われたのでしょうか。
じゃぁピンクは誰へのプレゼントだと思われたんだろう。
いい大人が子供用のゲームを自分で使うことはないだろうから、ダイエットしたい娘にでもあげると思われたのでしょうか?
店員さんそれぞれの反応の裏に何があったのか、いろいろ想像すると面白いです。
買いに行ったのが女性でなく男性だったら、どうなるんだろう、とか。

そんなこととは関係なく、それぞれの万歩計の中のキャラたちは無事に育ち始めています。
一時的に楽しむだけでなく、健康的な生活が続けられると良いのですが。



|

« 吉野家がなくなった | トップページ | てくてくスタート! »

今日の発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉野家がなくなった | トップページ | てくてくスタート! »