« お風呂騒動続く | トップページ | 年を取ると同じ顔に...? »

彗星のチリを見てきました

東京大学の本郷キャンパス内にある東京大学総合研究博物館で、「異星の踏査」という展示会が開かれています。

何が展示されているかというと...

月の石(アポロ17号が持ち帰ったもの)
火星の隕石(南極で日本観測隊が発見したもの)
彗星の塵(ビルト第二彗星の尾から採取したもの)

の三つなのですが、他に沢山の映像が用意され、このコーナーだけ宇宙博覧会にでも来たかのような雰囲気になっていました。

どれも手のひらに収まるくらいの小さな展示物で、中でも彗星の塵は、ゴマ粒よりも小さな目でもはっきり確認できないくらいの大きさのものが5粒。顕微鏡つきで丁寧に展示されています。
採取した塵は全部で1万粒くらいだったそうなのですが、分けてもらった5粒を全世界で初めて一般公開した、というすごい展示なのだそうです。
どの展示物にもSECOMのステッカーが貼ってあり、警備員もいるし、警備ロボットもいました。これだけしっかり警備体制が整わないとNASAからの借用許可が出なかったんだとか。

他にも珍しかったのは、火星の風の音が聞けたこと。
吹雪のような、乾いた音が絶え間なく聞こえました。火星って風が強いんだ。

火星の夜明けの空に浮かぶ小さな地球の写真が見られたこと。
火星より地球が大きいから地球から見る火星より大きく見えると思っていたのですが、小さな点でした。ここに何十億もの人がひしめいているんですねー。

ただ見るだけだったらあっという間で印象も残らなかったと思いますが、ボランティアの案内ガイドのおじさんがつきっきりでわかりやすく説明してくださったので、とても興味深く見ることができました。そのガイドさんの物知りなこと!宇宙だけでなく、鉱物も動植物の知識もあって、どの展示の説明もしっかりしていたことに感心しました。

この他にも常設展示として、貝の化石や動物の剥製、植物や岩石の標本などが沢山ありました。日本にある最古の剥製(ドイツから贈られたもの)もありましたが、入り口付近にさりげなくあるだけで、言われないとその価値がわからない、という感じ。

東大にはまだまだ整理されていない沢山の標本が茶箱にいくつも残っているのだそうです。
それをボランティアの人が整理しているそうなのですが、明治時代のものがまだ手付かずだったりして、膨大な時間がかかるとか。
標本を包んでいる新聞紙も、明治時代のものだったり、日本軍が海外に領土を広げた時の新聞だったり(中国や南洋諸島で発刊されたもの)、それ自体が非常に珍しい価値あるものだったりするそうです。

東大の博物館に行ったのは今回初めてでしたが、無料だし、貴重なものが見られるし、
また機会があったら行ってみたいと思いました。
修学旅行の学生さんや、お年寄りの団体など、色々な人が見に来ていました。

詳細はこちら
「異星の踏査」12/26まで
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/exhibition/2007planetary_geology.html

東京大学総合研究博物館
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/

|

« お風呂騒動続く | トップページ | 年を取ると同じ顔に...? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そのガイドおじさん、何者なんでしょう?
実は教授・・!?
物好き雑学王(雑学以上みたいですね)の一般人・・??
付け焼き刃の研修でガイドしているのではなさそう。

それにしても関東圏はそういう展示も多くて羨ましい限り。
火星の風って吹雪みたいって事はけっこう強風なのかな〜
う〜ん、色々と興味あります。

投稿: ぱっく | 2007年12月 1日 (土) 13時51分

もしかしたら、あのおじさんは結構、学や地位のある人だったのかも。
うわべだけの知識ではなく、どんな質問をしても的確に答えてくれましたから。

首都圏に住んでいるのを羨ましがられることがありますが、確かにこういう機会は多いなぁと感じました。
美術館や博物館も多いし、コンサートなどなどイベントも多いし。
自分がそんなにしょっちゅう出かける人間ではないので、関係ないと思っていたのですが、
今回の東大の展示を見て、税金払っているなら利用できるものはしなくちゃ損損、と思うようになりました。

火星って大気が薄いから風などないのかと思っていましたが、なかなかに凄い音でした。
今まで映像だけでしか見たことのない世界でしたが、音を聞くことによってリアルさがより伝わってきました。
火星、行ってみたいなー。
探査機は一人ぼっちで黙々と働いているんだろうな。
その姿を見てみたいです。

投稿: しぶや | 2007年12月 1日 (土) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お風呂騒動続く | トップページ | 年を取ると同じ顔に...? »