« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月に作成された記事

誕生日は片付けデー

もうすぐ誕生日が来ます。
といっても、ここ数年は何もなく過ごしていました。

今年は土曜日に当たるので、お出かけするのもいいかも、とちょっと期待していましたが、
なんとその日に、住んでいるマンションの配水管清掃があり、在宅していなければならないことになりました。家にいるだけではなく、台所、洗面所、お風呂を片付けておかねばなりません。
誕生日の朝は片付けと掃除をして、午後に清掃をしてもらって、それで疲れて終わってしまいそう~。

誕生日が土曜なので、複数の友人からもお出かけのお誘いをいただき、それはとても嬉しかったのですが、清掃があるから、と泣く泣くお断り...。うーん、残念。

さらに翌日の日曜日、今度はマンションの大規模工事の予算に関する検討会議があるとかで、またまた在宅することに。
まぁ、誕生日で遊ぶよりも、マンションの居住性の方が大事ですよね。

ちょっと味気ない誕生日になるかもしれませんが、頑張って掃除して片付けて少しでも気持ちよくなることを、ささやかな喜びにしようと思います。

| | コメント (0)

FOXチャンネルここが酷い!

アメリカのドラマ「プリズン・ブレイク」を毎週楽しんで見ています。
放送しているのは、FOXチャンネル
週に何度か放送されるうち、吹替放送だけでなく、木曜夜と土曜の昼は字幕放送をしてくれ、私はこちらを録画して楽しんでいます。

ところが...11/22の夜の放送分を見てびっくり。字幕で言語のはずなのに、役者さんたちは皆日本語を喋っている。いつも英語で聞いていたのですごく変な感じ。字幕も出てきません。
どうやら放送局が間違えたよう...がっくり。
土曜の昼にもう一度撮り直そうと思いますが、そちらも間違えられていたら大変。
放送局にすぐメールしようとサイトを開いたら......連絡先が書いてない!?
普通はHOMEページに何かしらあるものですよね。
http://www.foxjapan.com

色々検索してFAQのページをやっと見つけましたが、
そこには
お問い合せ先は下記にて受け付けております。」と書かれた後に空白が。
何これ~~???
視聴者からの問い合わせも質問も一切受け付けないつもりのようです。
http://www.foxjapan.com/faq/

FOXにはもう一つ言いたいことがあったのです。
字幕の上に、「FOX」という横長のテロップを重ねてしまうので、字幕が見えなくなってしまうのを止めて欲しいと。
今まではガマンしていましたが、言いたいことも言えないとわかった途端、余計に文句を言いたい気持ちがふつふつと湧いてきました。

手元の番組表を見ると、問い合わせ先の電話番号はあるようです。
ただし月~金の10:00-16:00で祝日は除く。
土曜日までに連絡する手立てはまったくありません。
これで土曜日の字幕放送がまた間違われていたら、怒るぞ~~!!!

我が家はFOXの他に、AXNスーパードラマチャンネルを見ていますが、
FOXが途中で何度もCMを入れるのに対し、
AXNは1回だけ、スーパードラマチャンネルはCM無しで放送してくれます。
録画したものを編集(CMカット)するときに、この差を実感します。
なので、我が家ではAXNやスーパードラマチャンネルの方が断然評判が良いです。

ちなみに、
AXNのページには、ご意見・ご質問・リクエストのコーナーが用意されていました。
スーパードラマチャンネルでは、トップに問い合わせ先が用意されていました。

さて、
土曜日にちゃんとした放送がなかったら、どうしましょうかねぇ。

| | コメント (2)

年を取ると同じ顔に...?

先日母と買い物に行く約束をし、某デパートの入り口で待ち合わせることになりました。

時間より早めにデパートに到着すると、そこには同じように待ち合わせをする人が大勢。
平日の昼間だったせいか、殆どが中高年の女性。
いつも早く来る母のことだから、その中にいるだろうと探すうち頭が混乱してきました。
母に似たような人が沢山いるのです。
同じようなコートを着て、同じような帽子をかぶって、同じようなメガネをかけて...
思わず、全然違う人に近づいてしげしげと顔を見てしまったりしました。
もしかして私は自分の親の顔を識別できなくなっているのでは?とパニックにも似た気持ちになりました。
その後数分して、本人が地下から上がってきたところを見つけられたので、無事に済んだのですが、改めて考えてみると「年を取ると顔が似てくるのかも」と思います。

そういえば母だけでなく父もそうです。町で行きかう同じくらいの年齢の人で、父に似た人を何度も見かけました。
以前、東京都の高尾山に登った時、中高年のハイカーだらけで皆似たような格好をしていて、両親にそっくりな人が沢山いる、と感じたことを思い出しました。
偶然にもその日、実際に両親も高尾山に来ていたそうなのですが、時間と場所を確認したら、接点は全くないことがわかりました。

要するに、同じ目的で同じ場所にいる人たちは、似たような格好をしているからみんな同じに見えて見分けがつかないのは、あたり前かもしれません。
でも、顔や背格好、歩き方などは一人一人特徴があるはずですよね。
年を取ると、そんな要素まで似てくるのでしょうか?
特に顔。普段は気にしないのですが、親を探す時には、周りの年寄りの顔が同じように見えてきてしまいます。
もしかしたら、私の探し方が変なのかなぁ???
うーん、だとしたらどうすれば見分けがつくようになるのかなぁ。

今のところ大きな事件は起きていませんが、この先親をちゃんと見分けられるか不安になっていくこの頃でした。


| | コメント (2)

彗星のチリを見てきました

東京大学の本郷キャンパス内にある東京大学総合研究博物館で、「異星の踏査」という展示会が開かれています。

何が展示されているかというと...

月の石(アポロ17号が持ち帰ったもの)
火星の隕石(南極で日本観測隊が発見したもの)
彗星の塵(ビルト第二彗星の尾から採取したもの)

の三つなのですが、他に沢山の映像が用意され、このコーナーだけ宇宙博覧会にでも来たかのような雰囲気になっていました。

どれも手のひらに収まるくらいの小さな展示物で、中でも彗星の塵は、ゴマ粒よりも小さな目でもはっきり確認できないくらいの大きさのものが5粒。顕微鏡つきで丁寧に展示されています。
採取した塵は全部で1万粒くらいだったそうなのですが、分けてもらった5粒を全世界で初めて一般公開した、というすごい展示なのだそうです。
どの展示物にもSECOMのステッカーが貼ってあり、警備員もいるし、警備ロボットもいました。これだけしっかり警備体制が整わないとNASAからの借用許可が出なかったんだとか。

他にも珍しかったのは、火星の風の音が聞けたこと。
吹雪のような、乾いた音が絶え間なく聞こえました。火星って風が強いんだ。

火星の夜明けの空に浮かぶ小さな地球の写真が見られたこと。
火星より地球が大きいから地球から見る火星より大きく見えると思っていたのですが、小さな点でした。ここに何十億もの人がひしめいているんですねー。

ただ見るだけだったらあっという間で印象も残らなかったと思いますが、ボランティアの案内ガイドのおじさんがつきっきりでわかりやすく説明してくださったので、とても興味深く見ることができました。そのガイドさんの物知りなこと!宇宙だけでなく、鉱物も動植物の知識もあって、どの展示の説明もしっかりしていたことに感心しました。

この他にも常設展示として、貝の化石や動物の剥製、植物や岩石の標本などが沢山ありました。日本にある最古の剥製(ドイツから贈られたもの)もありましたが、入り口付近にさりげなくあるだけで、言われないとその価値がわからない、という感じ。

東大にはまだまだ整理されていない沢山の標本が茶箱にいくつも残っているのだそうです。
それをボランティアの人が整理しているそうなのですが、明治時代のものがまだ手付かずだったりして、膨大な時間がかかるとか。
標本を包んでいる新聞紙も、明治時代のものだったり、日本軍が海外に領土を広げた時の新聞だったり(中国や南洋諸島で発刊されたもの)、それ自体が非常に珍しい価値あるものだったりするそうです。

東大の博物館に行ったのは今回初めてでしたが、無料だし、貴重なものが見られるし、
また機会があったら行ってみたいと思いました。
修学旅行の学生さんや、お年寄りの団体など、色々な人が見に来ていました。

詳細はこちら
「異星の踏査」12/26まで
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/exhibition/2007planetary_geology.html

東京大学総合研究博物館
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/

| | コメント (2)

お風呂騒動続く

7月にガス給湯器が壊れて、お湯が出ず不便な思いをした我が家ですが、
今度は10月にお風呂の換気扇が止まってしまいました。

数ヶ月前から換気扇を使うたびに変な音がして気にはなっていたのですが、
動いているからいいや~、と思ったら、ある日突然ピタッと止まってそれっきり。
前の住人の時から使われているはずなので、もう20年たっている換気扇です。
とっくに寿命を迎えていたということで、新しいものと交換になりました。

工事の人が来るまでの数日、窓もなく換気扇が動かないお風呂は湿気でムンムン。
風呂上りに扇風機で強風を送り込んでやっと乾かしました。
工事は30分ほどで済み、無事に新しい換気扇が動き始めました。
変な音もなく静かで、安心してお風呂に入れます。やれやれ~。
工事に来た人の話では、台所やトイレの換気扇もそろそろ危ないはず、とのこと。
見てもらいましたが、きちんと動いていたので「まだ大丈夫でしょう」とそのまま帰っていただきました。
でも、前の換気扇の方が浴室内の乾き具合は早かったような...。

一件落着したところで11月、今度は水周りの工事屋さんの営業がやってきました。
どこで調べたのか、うちのマンションが建ってからの年数や使っているユニットバスまで知っていて、「そろそろ取り替える時期です。ウチで格安キャンペーンをやっているのでぜひ」と、かなり強引な感じ。
急に言われても即答できない、というと「じゃぁ、お風呂を見せてください」といきなり家に入ってこようとします。
アポもなく呼びもしないのに勝手にやってきて家の中に入られてはたまらない、と、こちらも抵抗して帰ってもらいましたが、あの様子ではまた日を改めて押しかけてくる予感。
あぁ、気が滅入ります~。
嫌な奴が来るというだけでなく、お風呂の交換のことも考えなければならないという現実に...。
なんだか、家の中あっちもこっちも取り替えなきゃならないのかと思うと、お金はかかるし、面倒でもあるし、なんだかねぇ。
リフォーム計画など立てていなかったから、家の老朽化という現実を目の前にして、ちょっとオタオタしているところです。

| | コメント (0)

11月になりました

11月になりました。
10月末日、カレンダーを眺めながら「明日から11月だなぁ」と気づいていたのに、10月中にやっておくべきことを忘れまくっていました。

・車にガソリンを入れるのを忘れた
  ガソリンが値上がりするのがわかっていたはずなのに、昨日は車を使ったのに、
  「あと2回くらい走ってから入れよう」なんてぼんやり思っていて、
  ガソリンスタンドに行くのを忘れた。
  まぁ、満タンで走っても燃費はよくないし...。

・ゲーム上での貯金を調整しておくのを忘れた
  ニンテンドーDSのゲーム「おいでよどうぶつの森」で、月初に前月分までの貯金の利息
  が入るのですが、貯金が2000万円を越えると利息が一定額となってしまうので、
  2000万以上の金額を他の人の口座に移しておこうと思ったのに、
  すっかり忘れていました。
  まぁ、ゲームの中の話だし、大した額でもないし...。

11月といえば年末ももうすぐ。お歳暮や年賀状のことも考え始めねば。
今日から年賀ハガキが発売されますが、郵政民営化されたからなのか、年賀ハガキのデザインの種類が増え、お年玉つきハガキの当選枚数も少し増やしたようです。
でも、結局殆ど当たらないんですよね。4等でも100枚に2枚だし。

昔々子供の頃、年賀葉書の一番下の等は、下一桁、つまり10枚に1枚の割合で当たっていた気がするのですが、気のせいでしょうか。
昔の方が、いただく葉書の枚数が少なかったはずなのに、何かしら毎年商品を貰っていましたから。
最近は切手シートが2枚ほど貰えるくらいです。

ってことで、今年は年末になって焦る前に、年賀状の準備を始めたいなー。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »