« 銭湯初体験 | トップページ | 皆既日食を日本で見よう! 宝島が日本にあった »

ちょっとだけ国際交流?

今日、上野公園に行った際、公園の案内板を眺めていたら、近くから「すみません」の声が...。
青年が一人、小さなガイドブックを指差して「ここ」と言っています。
ガイドブックを見るとハングル!韓国語でした。
なにやら、"××仁王像"などと漢字で書かれた見出しの下にハングルがずらーっ。
その"××仁王像"がどこにあるのか探しているようですが、案内板に載っていないようなのです。
上野には詳しくない私ですが、案内板を探すだけなら、と必死で探しますが見つからず。
日本では聞いたこともない名所のような気が...説明文が韓国語なのでガイドブックを見ても
わからないし。
そのそばにあるらしい、"西郷隆盛像"や"清水観音堂"は案内板にあるんですけどね。
韓国語のガイドブックの地図と目の前の案内図を何度も見比べて確認しました。

実は私は家でラジオの韓国語講座を毎日聞いている身なのですが、
彼は私が話す日本語がほとんどわかるようだったので、私は日本語の会話で押し通してしまいました。
やがて彼は、"××仁王像"は諦め、西郷隆盛と清水観音堂の位置がわかるだけで納得したようです。
そして、手数をかけたお礼にと、「韓国の飴です」と韓国語で言って、私の手にキティちゃんの柄のキャンディをいくつか載せてくれました。
私の方はお礼を言わなくちゃと思い咄嗟に韓国語で「カムサハムニダ」、彼はにっこりしてその場を去りました。

おぉ韓国語が通じたぞ、と喜んでみたのですが、考えてみたら「カムサハムニダ」というのは年上の相手に使うフォーマルな表現なんですよね。
どうみても私の方が年上だったから、あの場合は「コマスムニダ」の方が良かったなぁ、と後から悶々としてしまいました。
うーん、折角の小さな国際交流だったのに。
またいつか、こんな機会が突然訪れる時のために、精進したいと思います。

|

« 銭湯初体験 | トップページ | 皆既日食を日本で見よう! 宝島が日本にあった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日韓交流の楽しい体験でしたね。どの国の人も、やはり親切に教えてくれそうな人に尋ねるのですね。
私も韓国語を長いこと習っている者ですが、なかなか話し掛けてはもらえません。小心者でこちらから拙い言葉で話し掛けるのは気が引けるし、町で韓国語を聞くと耳をそばだててしまいます。
この頃、若い韓国の旅行者が増えましたよね。
東京の中心街では良く見かけます。韓国へ旅行して受けた親切をお返ししたいなといつも思います。

韓国ドラマのお話もよく読ませて頂いていますよ。
私はいま「がんばれクムスン」を見ています。80時間の長丁場ですが、やはり楽しくてやめられません。
韓国人の離婚アレルギーは相当なものだとビックリしたり、
親に対する孝行ぶりに改めて感服したり・・・。
世代間の交流や考え方の違いが出ていて、それぞれのいい分が納得できるので面白いんだなと思っています。
ト、オルコエヨ。アンニョン。

投稿: トンニョ | 2007年8月21日 (火) 06時23分

トンニョさん、こんにちは! オソオセヨ~。

なぜか人に道を尋ねられやすいのですが、「あ、違ってた!」ということのよくある私です(^^;)。
確かに、最近は韓国の人が日本を旅している姿をよく見かけます。
6月に行った立山でもロープウェー待合所で韓国の団体さんに会ったし、先週行った尾瀬では、バスの後ろの席が韓国人の家族でした。
途切れ途切れに単語がわかってちょっぴり嬉しかったり。
でも会話するレベルにはまだまだなっていません。

「がんばれクムスン」おもしそろうですね。
私も機会があったら是非見たいと思っています。
韓国と日本、とても似ているところもあれば、全然違う面に驚かされたり。
もっともっとお互いが知り合えたら...と思います。
暑くて韓国語学習もサボリがちですが、細く長く続けていきたいです。

ト、マンナヨ。

投稿: しぶや | 2007年8月21日 (火) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銭湯初体験 | トップページ | 皆既日食を日本で見よう! 宝島が日本にあった »