« 今頃ですが...「ひとつ屋根の下」 | トップページ | 腑に落ちないドラマ »

嘘っぽい効果音はやめて~!

またまたNHKの朝ドラ「どんど晴れ」の横浜の場面を見て気づいたことから。

横浜港近くの夜景を背景に、ヒロインを探し回る婚約者。
特に効果音がなくてもいいと思う場面なのですが、ここで甲高いサイレンのような
"キュキュキュキュー"といった音が流れました。
ちょっと昔の映画やドラマで、港のシーンになるとお決まりのように流れる音です。

この音について、数年前、民放のどこかの番組で解説していたのですが、
実際にはこんな音は港のどこへ行っても聞こえません(キッパリ!)。
港だからといって、こんな音は聞こえません。
汽笛だったら、もっと低い「ボーッ」という音になります。
困ったことに、あのキュキュキューを船の汽笛音だと誤解している人もいるようで、
ご丁寧に"キュキュキュ=汽笛"と解説しているサイトもあったりして、
本当は違うのに~~と、横浜市民としては残念な思いでいっぱいです。

番組を詳しく記憶していないので曖昧な説明になってしまいますが、
あのキュキュ音の正体は、たまたま使った小型船の警戒音だったような。
一つの作品で効果音として使用したところ、それが他の作品でも利用され、
ついには「港の効果音」として一般に定着してしまったそうです。

なのに天下のNHKが今でも当たり前のようにあの効果音を使うとは...
もうちょっと勉強して欲しいです。
実際、港でロケしているのなら、あんな音は聞こえてこないとわかると思うんですけどね。
正しい日本語を使う局なら、場違いな音を流して間違った知識を流布させるのもやめて欲しいものです。

|

« 今頃ですが...「ひとつ屋根の下」 | トップページ | 腑に落ちないドラマ »

今日の発見」カテゴリの記事

コメント

そうだったのか!(*o*)

確かに港であんな音が聞こえた事はないのですが、
船の警笛もろくに聞いた事がないので、車のクラクション
のように、船によってああいう高音の警笛もあるのかと思ってました。f^_^;
嫌だなぁ・・知らずに吹聴したら恥ですね。

投稿: ぱっく | 2007年5月24日 (木) 12時34分

そうなんです。
汽笛だとしても、汽笛の鳴らし方にはルールがあって、
モールス信号のように長い音と短い音の組み合わせで、「本船はこれから右に曲がる」などの意味を表すので、
むやみに何回も鳴らすことは有り得ないし...。

少なくとも、私はTV以外では一度も聞いたことのない音でした。
他にも、TV放送に間違いがあっても、知らぬ間に"そういうものなんだ"と覚えてしまっていることが多いんだろうなぁ、と思います。

韓国の時代劇に出てくる日本の侍も「有り得ない~!」っていう代物だったし(^^;)。

投稿: しぶや | 2007年5月26日 (土) 12時39分

キュキュキュキューは 本当の音(鳴き声)です。
今の季節 鳴いています。蝉?によって高い低いがあり
うるさいくらいですよ。

投稿: 永ちゃん | 2007年7月22日 (日) 14時34分


正解は

稚児隼(チゴハヤブサ)と言う猛禽類の鳥だそうです。

投稿: 永ちゃん | 2007年7月22日 (日) 14時49分

永ちゃんさん、こんにちは。いらしていただきありがとうございます。
ご指摘の音ですが、チゴハヤブサの鳴き声も確認しましたが、私がTVで聞いたのは夜の横浜港いっぱいに響き渡るサイレン音ですので、鳥ではあり得ないと思います。

でも、おかげで野鳥の鳴き声を集めたサイトを見ることができて役立ちました。

投稿: しぶや | 2007年7月23日 (月) 08時41分

汽笛ではありませんが船舶の警戒サイレンでした。入港時、特にカラ船で喫水線が下がっている時など、水面下すれすれに巨大なスクリューが回っています。2軸以上のスクリュー船の場合、水面下で船体からかなり離れたところにスクリューが回っており、荷役のハシケなどは近づき過ぎると危険です。本船が港内を移動していたり、停止していてもスクリューをテストで回す時には必ず警戒サイレンを鳴らし小舟が近づかないようにしていました。コンテナ化されハシケも無くなり、港内でみだりにサイレンを鳴らしてはいけない法律も40年前にできて、港は静かになりました。キューキュー警戒サイレンも電子音化され音が変わり、本当の事故の時にしか鳴らしません。なつかしいです。

投稿: センターピア | 2012年1月26日 (木) 16時21分

なるほど小型船か…。勉強になりました

投稿: アントニオ | 2015年9月17日 (木) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今頃ですが...「ひとつ屋根の下」 | トップページ | 腑に落ちないドラマ »