« 二度あることは何度ある? | トップページ | 嘘っぽい効果音はやめて~! »

今頃ですが...「ひとつ屋根の下」

ちょっと古い日本のドラマになりますが、今から10年ちょっと前、フジテレビで
「ひとつ屋根の下」(1993年)、「ひとつ屋根の下2」(1997年)という作品が放送されました。

私は昔切れ切れに見ただけだったのですが、好きな俳優が二人出演していることもあり、
TSUTAYAの半額期間を利用して、ビデオ9本分を一気に見てみました。
最初は、10年以上前の髪型やファッションに古臭さを感じ、演技がオーバー気味だと
感じていたのですが、ストーリー展開の面白さや熱いセリフの数々に惹かれ、
いつのまにか涙しながら食い入るようにしてみていました。
日本のドラマで素直に泣けたのは本当に久しぶり。
さすがフジテレビのドラマで歴代最高視聴率(37.8%)を取っただけあります。
登場人物それぞれに個性があり、世界があり、これでもかというほど問題が起こるのですが、その解決法や人の説得法が想像もしないものばかり。
でも考えてみると納得できて、自分も参考にしよう、と感心させられます。
テンポも速くて間延びすることなく、最後までのめりこんで見ることができました。
作り手や俳優さんたちのパワーが感じられる名作ドラマ。
こういうドラマは時代を超えて生き続けると思うのですが、最近はこういったタイプの作品がないのが残念です。
「ひとつ屋根の下3」でも作ってくれたら嬉しいですが、時間が開きすぎて無理かなぁ。

|

« 二度あることは何度ある? | トップページ | 嘘っぽい効果音はやめて~! »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二度あることは何度ある? | トップページ | 嘘っぽい効果音はやめて~! »