« キジバトその後 | トップページ | 日本語と韓国語さかさま熟語 »

鳥たちの災難続く

近所に小さい川が流れているのですが、ここは鳥たちで結構賑わっているので、時々写真を撮りに出かけています。
カルガモ、マガモ、コガモ、アオザギ、コサギ、ハクセキレイ、カワウ、カワセミ、チドリ、カモメ…
ところが先日、下流から数キロにわたって、川岸や中洲に生えていた草木が全部刈られているのに気づきました。
地面がまるみえで、鳥が隠れる場所も巣を作る材料もありません。
鳥たちの姿も見えません。

5キロほど上流へ遡ったところではまだ草木がそのままで、カモたちはこちらに来ていました。
川全体が刈られていなくてよかった、と思いましたが、またしても人間が好き勝手に野生動物の住む環境を変えていいのか、と悲しくなりました。

この冬、小笠原まで南下してしまったコハクチョウを助けるために、つかまえて福島に連れていったという美談(?)はありますが、身近な動物についていえば世間の関心はあまりにも薄いのではないかと思います。
立ち上がるレッサーパンダ(もう古い?)に狂喜するのなら、身近の動物にも優しくして欲しいと思う私です。

|

« キジバトその後 | トップページ | 日本語と韓国語さかさま熟語 »

今日の発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186391/11412744

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥たちの災難続く:

« キジバトその後 | トップページ | 日本語と韓国語さかさま熟語 »