« 近所でぼや騒ぎ | トップページ | 「みなとみらい線」に乗りました »

さようなら桜木町駅


東京急行の桜木町駅が1月末で無くなりました。
(同時に高島町駅もなくなりましたが、ここでは言及いたしません)
地下鉄みなとみらい線の開通に伴い、東横線のルートが横浜から海側を回って元町へ伸びるためですが、都会の真ん中で乗降客一日10万人という駅が無くなってしまう、というのは大変珍しい例ではないでしょうか。

振り返ってみると、今から20年程前の桜木町は、まだ「みなとみらい21」地区が埋め立てされておらず、駅のすぐ前までドックが迫り、大きな船を電車から間近に見ることができました。
その後、埋め立てが始まってからは、ただただ茶色の土地が広がるばかり。
東横線も、横浜駅で殆どの客が降りてしまい、桜木町駅まで乗っていく人は一台の列車でも両手で数えられるほど、寂しさでした。
私は1986年頃から、帆船日本丸の総帆展帆のボランティアのため、月に何度か桜木町に通っていましたが、何も無い中にポツンと帆船があるだけで、わざわざ見に来るお客もまばらでした。

1989年に「横浜博覧会」が開かれ、人の流れが少しずつ変わってきました。
パビリオンがたたまれた後には、日本一高いランドマークタワー他、たくさんのビルが建ち(バブル崩壊でなかなか予定通りにいかなかったようですが)、気がつくと桜木町は観光とビジネスの人で賑わう駅に。
この20年で、本当に大きく変わったなぁと思います。

大好きな客船を見に大桟橋へ行く時の最寄り駅は桜木町。
駅を下りて、帆船日本丸のマストを見ながら汽車道を通り、赤レンガ倉庫の向こうに船の煙突が見えてくるのを見ながら海に近づいていく30分の道乗りは、長いけれども楽しいものでした。

こうして振り返ってみると、私にとっては思い出深い桜木町駅。
大桟橋の近くに新しい駅はできますが、なんだかやっぱり寂しい気分です。

|

« 近所でぼや騒ぎ | トップページ | 「みなとみらい線」に乗りました »

今日の発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186391/11412716

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら桜木町駅:

« 近所でぼや騒ぎ | トップページ | 「みなとみらい線」に乗りました »