« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »

2003年12月に作成された記事

その住所、合っていますか?

早いもので今年も年賀状を用意する(もう投函しないと間に合わない?)時期となりました。
1年前に年賀状を書いた時は、新しいパソコンになって、ソフトも新しい種類に変わったためか、住所データに間違いが多く、何枚かは気づかずに出してしまったという失礼なことをしました。
その反省から、今年は一番最近にいただいたハガキと住所録をチェックして、住所、郵便番号、名前、電話番号など総チェックをかけました。
これで今年は間違えずに出せそうです。

ところで、この冬、郵便局でアルバイトを始めて驚いたのですが、年賀状の宛名書きの間違いがものすごく多いのです。
特に多いのが番地やマンションの部屋番号などの数字の間違い。
「よくこれで届くなぁ~」と感心してしまうほどです。
なぜそんなハガキでも届くかというと、郵便屋さんが機転をきかせて、わざわざ正しい住所に入れてくれるからなのです。
慣れているとはいえ、かなりの手間をかけているのでは、と思います。

私の推測ですが、たぶん住所を間違った人は、たまたまその時だけ書き間違えたというより、自分の持っている住所録自体が間違っていて、それに気づかないまま何年も同じものを使っているのではないでしょうか?
ぜひ一度、最近もらったハガキと照らし合わせて、住所録を総チェックされることをお薦めします。
そうしたら、もらう側も配達する側も、気持ちよくなれるのではないでしょうか。
自分の反省をこめて書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私流 音楽の探し方

7月26日に、昔読んだ本を何とか見つけた話を書きましたが、今度は本ではなく音楽を見つけた話です。

最近、病院の待合室や薬局で流れている曲で、素敵なものを見つけて気になっていました。
落ち込んだ時に聞くと涙がボロボロ出そうなくらい、胸にずんと響くメロディです。

昔から私は、街中で流れている音楽で気に入ったものがあると、そのメロディや歌詞をメモしておいて自力で探し出す(レコードやCDを買う)ということをしています。
ところが、今度の曲はピアノが流れるのみで歌は一切なし。手がかりがありません。
あの美しいメロディが手の届かない宝物のように感じられました。

それでもめげずにINTERNETで"ピアノ"や"ヒーリング"を検索キーにして、視聴できる曲を片端から視聴してみたところ、ついに見つけました。
カナダの作曲家&ピアニストアンドレ・ギャニオン「めぐり逢い」という曲でした。
日本のドラマでも使われたそうで、実は有名な曲だったようです。有名だからこそ、あちこちで流れていて、NETでの視聴もできたのだと思いますが、そうとは知らずに見つけたときには、思わず「おぉ!」と思ってしまいました。

そして発見した翌々日にはCDとピアノ譜を入手し、自分でもメロディを奏でることができるようになりました。
こんなことができるのも、INTERNETが普及したおかげだなぁとつくづく思います。
昔だったら、小耳に挟んだメロディを後から探し出すなんて殆ど無理だったんじゃないかなぁ。

こうして自分の家で聞いてみると、宝物の気分は少し薄れてしまいましたが、深く美しいメロディは最初に聞いたときのままで、疲れた心を癒してくれるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと1点!!!

11月16日に受験したバードウォッチング検定の結果がやっと届きました。
結果をお知らせする前に、バードウォッチングの級についてお話します。
受験者全員が同じ問題を解き、その点数により、1級から5級まで認定するというものです。
級の違いは、簡単に言うと以下のようなものです。

1級野鳥や自然保護の知識があり普及・指導ができる
2級 身近な野鳥の多くを見分けられる
3級 身近な野鳥の半分程度を見分けられる
4級 身近な野鳥の三分の一程度を見分けられる
5級 身近な野鳥約30種のうち基本的な三分の一程度を見分けられる

私は野鳥の会にも入っていないし、探鳥会に参加したこともない素人なので、3-4級くらいがせいぜいかなぁと思っていました。
でも、試験範囲が決まっているので、定められた本を読んで勉強しておけば、ある程度点が取れるようになっていました。

試験は「野外識別の基礎知識」「バードウォッチングの総合的な基礎知識」の2部に分かれ、それぞれが50点満点です。
そして、両方の分野で15点以上取ると4級、25点以上で3級、35点以上で2級45点以上で1級と判定されるようです。

そして私は、前半が47点、後半が44点で、合計91点の2級でした。
後半であと1点取っていれば両方が45点以上となって1級だったのです。
そう思うと、ちょっと悔しい思いが残ります。
こういう時に間違えた問題は、二度と間違わないことでしょう。
ガチョウハイイロガンを家畜化したもの」
だから何だということもないですが…。

でも鳥のことを色々勉強できて楽しかったです。1級めざして来年も頑張ろうかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »