« 見てきました ~心温まるもの~ | トップページ | あと1点!!! »

見てきました ~身近なのに知らなかったもの~

9月~12月末まで、東京国際フォーラムで「人体の不思議展」を開催しているというので、混まないうちにと行ってみました。
平日の昼間に行ったのですが、それでもかなりの混雑。
最初の展示物から人が群がって、ケースを覗く隙間もないほど。

ここに展示されているのは本物の人体。医学研究のために献体されたものが何十体とあります。
それらが、スライスされていたり、臓器だけ出ていたり、骨格だけ、神経だけ、血管だけ、とさまざまに加工(?)されて、生々しく展示されているのです。
本物の人体の中を見る機会など今までにあったでしょうか?
せいぜい、学校の理科室でガイコツの模型を見るとか、本で絵を見るくらいだと思います。
それがここに、これでもか、とさらけ出されているのです。

見学者が多いのも、1人1人がじっくり見ているのでなかなか進まないのも、そういった好奇心の表れだと思いました。
医学に携わる見学者も多いようで、見学者なのに解説してくれる人もいたり。(医大から派遣された解説員もいました)
病気やケガをされた方にも、どこが悪かったのかを確認するのにいい機会だったと思います。私も自分に関係のある箇所をじっくり見て「これがそうなのか~」と妙に納得してきました。

人間の体って複雑で、思ったより小さくて、生きているというのはすべての器官がきちんと動いていることなんだなぁ、と実感しました。
病気になったら医者に頼るだけでなく、誰もがある程度、自分の体についての知識をもっと持ってもいいんじゃないか、と感じました。
世間のタブーに挑戦したかのような凄い展示、多くの人に見て欲しいなぁと思います。

気持ち悪さを通り越した展示でしたが、しばらくは、ビーフジャーキー、スモークサーモン、ソーセージなどを食べる気が起きないような…(^^;)。

|

« 見てきました ~心温まるもの~ | トップページ | あと1点!!! »

今日の発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186391/11412706

この記事へのトラックバック一覧です: 見てきました ~身近なのに知らなかったもの~:

« 見てきました ~心温まるもの~ | トップページ | あと1点!!! »