« 紅茶は体にいい? | トップページ | スズメの観察 »

スズメ目はあっても、スズメ科は無い?

もうすぐ愛鳥週間が始まります(5月10日~)。
鳥のガイドブックを見ていたら、今更ですが、面白いことに気づきました。

鳥の分類(他の動物も同じと思います)は、目-科-属-種という用語を使って分けられています。
たとえばウグイスは「スズメ目ヒタキ科ウグイス亜科ウグイス属ウグイス」となります。

には他に、ワシタカ目、キジ目、ハト目、ホトトギス目、フクロウ目…などたくさんの種類がありますが、中でもスズメ目は、その中に殆どの小鳥が入ってしまうのでは?と思うほど、沢山の鳥が含まれています。
ツバメ、ウグイス、ヒバリ、メジロ、ヒヨドリ、シジュウカラ、カラスなどなど…。

ところで、スズメ目はあるのですが、その下にスズメ科というのがありません。
スズメが属すのはハタオドリ科で、「スズメ目ハタオドリ科スズメ属スズメ」となります。
これだけ大きな目の名前になっているのだから、科にもスズメの名前がついてもいいのになぁ、と思うのですが。

学名を見ているだけでも面白いし、たまには鳥の本を見るのも楽しいなぁと思いました。

|

« 紅茶は体にいい? | トップページ | スズメの観察 »

今日の発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186391/11412688

この記事へのトラックバック一覧です: スズメ目はあっても、スズメ科は無い?:

« 紅茶は体にいい? | トップページ | スズメの観察 »