« 2003年3月 | トップページ | 2003年6月 »

2003年5月に作成された記事

今年は火星が大接近!

天文ファンには既に周知の事実でしょうが、今年最大の天文イベントは火星の大接近です。
火星は79年ごとに地球に大接近しますが、今回は前回1924年に比べて2万km近くなるそうで。
さらに、ここ2000年の中で最も近づくという計算もあるそうですし、もっと話が大きくなって、5万7千年ぶりの大接近という結果もあるとか。
今回を逃すと、同じように大接近するのは200年先らしいので、是非この目で見なければ、と思います。

再接近する日時は8月31日朝6時
明るさ(等級)は-2.9
一番明るい恒星のシリウスが-1.46なので、いかに明るいか想像もできないほどです。きっとベツレヘムの星のように思えるのではないでしょうか。

こんなすごいことが起こるのに、まだ世間は静かですね。
そのうち、嫌でも騒がしくなってくるのでしょうか。
ともあれ、8月が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スズメの観察

再び鳥のお話です。

我が家では、時々ベランダに鳥のエサを蒔いています。
住宅地の真ん中なので、やって来るのはスズメとキジバトくらい。(たまーに、ヒヨドリ、シジュウカラ、メジロも来ます)

ところがスズメが口コミ(?)したのか、年々スズメの来る数が増えてきたので、エサをあげるのは雨の日だけと決めることにしました。
すると、スズメの方もそれを理解したのか、晴れた日には姿を見せなくなり、逆に雨の日は朝から「エサちょうだい!」と鳴く声で目がさめるようになりました。エサの日の法則がわかったとは、結構頭がいいかも。

鳴き方にもいろんな種類があって、エサを催促する声、仲間を呼ぶ声、喧嘩や威嚇をする声…。ただチュンチュン言うだけでなく、実に美しい歌を歌ってくれることもあります。

それから、大きさお皿と小さなお皿とに分けてエサを出すと、先に手(クチバシ^^;)を出すのは大きなお皿だということを発見しました。中身は同じものなのに。
力の強いスズメは大きい方で頑張り、弱いスズメは小さい方に甘んじるようです。エサの量や中身より、力関係を重視しているような?

もうすぐ、生まれたヒナを連れた親鳥がやってきて、クチバシでヒナにエサを与える可愛らしい光景が、今年も見られそうです。
ヒナは親鳥と同じくらいの大きさで(ムクムクしているから、親より大きく見える)、ここまで飛んでこられるのだから、エサも自分で食べればいいと思うのに、どうしても親の口からエサを貰いたいようで、親の後を追い掛け回してヒーヒー騒ぎます。
親の方は自分が食べる暇もないようで…なんだか人間と似ているみたい、と思ってしまうのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スズメ目はあっても、スズメ科は無い?

もうすぐ愛鳥週間が始まります(5月10日~)。
鳥のガイドブックを見ていたら、今更ですが、面白いことに気づきました。

鳥の分類(他の動物も同じと思います)は、目-科-属-種という用語を使って分けられています。
たとえばウグイスは「スズメ目ヒタキ科ウグイス亜科ウグイス属ウグイス」となります。

には他に、ワシタカ目、キジ目、ハト目、ホトトギス目、フクロウ目…などたくさんの種類がありますが、中でもスズメ目は、その中に殆どの小鳥が入ってしまうのでは?と思うほど、沢山の鳥が含まれています。
ツバメ、ウグイス、ヒバリ、メジロ、ヒヨドリ、シジュウカラ、カラスなどなど…。

ところで、スズメ目はあるのですが、その下にスズメ科というのがありません。
スズメが属すのはハタオドリ科で、「スズメ目ハタオドリ科スズメ属スズメ」となります。
これだけ大きな目の名前になっているのだから、科にもスズメの名前がついてもいいのになぁ、と思うのですが。

学名を見ているだけでも面白いし、たまには鳥の本を見るのも楽しいなぁと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅茶は体にいい?

昔から、コーヒーより紅茶が好きでしたが、去年の秋から紅茶ばかり飲むようになってしまいました。
昔は朝食に1杯くらいだったのが、今では一日5-6杯。
大きめのマグカップに濃い目にたっぷり入れて牛乳を加えるミルクティーがお気に入りです。

こんなに飲んでいると、歯が茶色になるんじゃないか?どこか悪くなるんじゃないか?と心配していたのですが、
先日の新聞で、「紅茶を飲むと体の抵抗力が高まる」と知って、ちょっと喜んでいる私です。
具体的にどの成分がどう働くかなど詳細については見られなかったのですが、感染に対する抵抗力を高め、体の中で病気に対する薬(?)に変わるとのことです。
ちなみに、コーヒーにはこの効果はない、とのことでした。

もしかして私の場合、既にどこか体にガタが来ていて、それで体が紅茶を欲していたのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お薦め!秦野の桜並木

お花見の時期は過ぎてしまいましたが、私が毎年のようにお薦めしている桜の名所をご紹介しておきます(来年どうぞ!)。

場所は、神奈川県の西部、秦野市。最寄駅は、小田急線の「渋沢」。
東名高速道路の秦野中井ICを下りて左折し、二つ目の信号「西大竹」を左折したところから始まる、延々と続く桜並木です。
この道をひたすらまっすぐ、T字路(右側にセブンイレブン有り)にぶつかるところまで、6kmほど、ずーっと桜の木が植えられているのです。
若木があったり、大木があったりと場所で違いますが、国道246号線を越えて数百m行った、日立の工場前あたりは、両側から桜の枝が道路にアーチを作って、まるで桜のトンネルをくぐっているかのようです。
その中を花吹雪を浴びながら車で進むのは最高の気分です。
お天気がよければ、西大竹を左折したあたりから、富士山が正面に見えることもあります。

これは徒歩で見るより、ドライブをする方にお薦めのコースです。
桜の時期に足柄峠や箱根方面に行く機会がありましたら、ちょっと寄り道するのも良いかも。
ちなみに、横浜で桜が満開になってから1週間遅れくらいで満開になるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年3月 | トップページ | 2003年6月 »