« 続・「さくら」の解説声 | トップページ | 「ロズウェル」に「スタートレック」登場 »

大阪でカルチャーショック

先週末に1年ぶりで大阪に遊びに行ってきました。
大阪には今まで5,6回しか行ったことがないのですが、行く度にカルチャーショックに似たものを感じます。

・言葉が違う
当たり前ですが、周りは大阪弁。電車でのアナウンスなど、関東でのイントネーションと違うので聞くたびに違和感が…。

・エスカレーターで立つ位置が違う
関東では立つ人は左側ですが、大阪では逆の右側。何度行っても間違えてしまいます。名古屋は関東と同じ左側なんですが、どこで左右が切り替わるのでしょうか

・信号表示がすごい
普通の信号だけでなく、赤信号のときは「とまれ」の表示があったり、押しボタン式信号で「この信号を渡るときはボタンを押して青になってから…」とわざわざ表示されていたりするのを発見。そうでもしないと大阪の人は信号に関係なく渡ってしまうということなんでしょうか。あと何秒で信号が変わるという表示も関東では見かけませんよね。

と些細なことなんですが、町並みは関東と変わりないのに、細かいところで違いがあるという点に文化の違いを感じました。
他に日本でカルチャーショックを受ける場所は、沖縄くらい。
沖縄は気候や歴史が違うから当然違うのはわかるのですが、大阪は「似ていて安心していると違う」という場所でした。

|

« 続・「さくら」の解説声 | トップページ | 「ロズウェル」に「スタートレック」登場 »

今日の発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186391/11412662

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪でカルチャーショック:

« 続・「さくら」の解説声 | トップページ | 「ロズウェル」に「スタートレック」登場 »