« ダイコンは再び太くなるか | トップページ | 新しいプリンタとスキャナー »

ピンク色の馬~スイートブライアー

「赤毛のアンの生活事典」という本を読んでいたら、作品の中に出てくる植物の紹介コーナーに"スイートブライアー"というバラが出てきました。

"スイートブライアー"ってバラの名前だったんですね。ガーデニングが趣味の方はよくご存知と思いますが、学名Rosa rubiginosa、 英名sweetbrier。バラの原種に近いOld Roseの一種で、一重咲き、甘い香りがするピンク色の花だそうです。

私が初めてこの名を知ったのは、K.M.ペイトンの「愛の旅立ち」という本の中で。馬の名前に使われていました。ピンク色の葦毛という珍しい毛色なので、ピンクの花の名前がついていたんですね。20年以上、全く気づかないでいました。

お話に出てくるスイートブライアーは主人公が一番最初に乗った馬であり、乗馬を教えてくれた馬。性格は温厚で、全馬丁が認める「いい馬」。この馬をめぐって主人公や周りの少年たちの運命が変わっていく、という、話の鍵を握る馬です。

思わぬところで、再びこの名に出会い、名前の由来に初めて気づいて納得したのでした。ピンク色の馬というものにお目にかかってみたいですし、花の方のスイートブライアーもいつか見てみたいものです。

|

« ダイコンは再び太くなるか | トップページ | 新しいプリンタとスキャナー »

今日の発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186391/11412656

この記事へのトラックバック一覧です: ピンク色の馬~スイートブライアー:

« ダイコンは再び太くなるか | トップページ | 新しいプリンタとスキャナー »